歯科インプラント埼玉

048-543-6600
ホームへもどる お問合せはこちら リンク集
患者さまの体験談 基礎知識 治療前の不安解消 失敗しないために センター実績 アクセス
あなたが笑えばみんなが笑う
患者さまの体験談  

鴻巣の歯科インプラント埼玉には毎月多くの患者様が治療に来られます。

いろいろな思いを持って、歯科インプラント治療を受けた患者様たちの生の声をご紹介します。

患者さまの声一覧へ

インプラント基礎知識  
歯科インプラントってなあに
どうやってやるの?
どれくらいの期間がかかる
  の?
痛くない治療法ってある
  の?
インプラントを入れられない
  人っているの?
専門医ってどんな人?
どれくらいの費用が
  かかるの?
インプラントを入れた後に
  気をつけることは?
矯正治療との併用
治療費を安くする方法
患者様の素朴な疑問 
  Q&A
歯科インプラント用語

 

基礎知識
 

インプラント治療をはじめる前に           

 
    インプラント治療は、むし歯のように、歯科医院に行けばすぐに治療してもらえる、というわけではありません。

 治療をはじめる前に、残っている歯の歯周病などの病気を治療しておく必要がありますし、また、外科手術を伴うため、重い糖尿病や肝臓疾患などの症状がある場合は、治療を見合わせることもあります。

 安全に治療を成功させるために、治療前に次のような診査を行ないます。

                   
  • 全身疾患の有無

  • 喫煙の有無、量

  • 局所的な問題(歯ぎしり、その他の咬合習癖など)の有無

  • 審美的要求度

  • 経済的、時間的制約など

 

 
  • あごの骨が極端に減っていないか

  • 残存歯の歯周病がコントロールされているか

  • 相対する歯との噛み合わせなど

  • 骨の量の確認

 

 

 
  • 欠損部位の確認

  • 残存歯の状況

  • 噛み合わせ

 

インプラントを使用した症例           

 

歯を1本失った場合
失われた1本の歯根の代用品として、インプラントを1本入れた例。
隣の天然歯を削ることなく、自分の歯と同じような人工の歯が回復できます。
あご骨の萎縮も心配なく、本来の骨量を維持できます。

歯を数本失った場合
数本のインプラントを歯のない部分にいれ、それを土台にして、ヘッド部分にブリッジをかぶせます。

骨が十分にないと、人工歯根を埋め込むことはできませんが、骨を再生することによって、厚さを増し、治療が可能になりました。

広範囲で歯を失った場合

臼歯が失われた場合、以前であれば、取り外し式の部分入れ歯で咬合回復を行なっていましたが、インプラントの場合、天然の歯と同様、固定式の人工歯を入れることができます。

すべての歯を失った場合

下あごが1本もない場合の修復には、総入れ歯を入れても、それが痛くて噛めなかったり、不安定になることがあります。

インプラントを利用すると、固定式もできますし、また取り外し式にしても、入れ歯を安定させることができ、しっかり噛めるようになります。

取り外し式の場合、ヘッド部分をバー状の維持装置で連結し、その上に取り外し式の入れ歯をしっかり固定することができます。

トップへ戻る

 
Copyright(C)2009 Dental Implant Saitama  All Rights Reserved.