歯科インプラント埼玉 048-543-6600
ホームへもどる お問合せはこちら リンク集
患者さまの体験談 基礎知識 治療前の不安解消 失敗しないために センター実績 アクセス
あなたが笑えばみんなが笑う
患者さまの体験談  

鴻巣の歯科インプラント埼玉には毎月多くの患者様が治療に来られます。

いろいろな思いを持って、歯科インプラント治療を受けた患者様たちの生の声をご紹介します。

患者さまの声一覧へ

インプラント基礎知識  
歯科インプラントってなあに
どうやってやるの?
どれくらいの期間がかかる
  の?
痛くない治療法ってある
  の?
インプラントを入れられない
  人っているの?
専門医ってどんな人?
どれくらいの費用が
  かかるの?
インプラントを入れた後に
  気をつけることは?
矯正治療との併用
治療費を安くする方法
患者様の素朴な疑問 
  Q&A
歯科インプラント用語

基礎知識
 

インプラントを入れられない人っているの?           

 

 
人工歯根の治療は希望すればすぐに受けられるとは限りません。
 患者様のうち、すぐに治療ができるのは大体1/4程度です。

 すぐに治療が受けられるのは、以下の条件を満たしている方です。

  • あごの骨がしっかりしている方
    あごの骨に、人工歯根を埋め込みのに必要な幅と高さ(骨量)、そして硬さ(骨質)が必要です。
     
  • 全身の状態がよい方
    人工歯根が骨や歯肉としっかりなじむには、口腔内だけでなく、全身が健康に保たれている必要があります。
     
  • 18歳以上の方
    あごの骨が成長段階にある子供は、人工歯根を入れても暗転しません。そのため、治療が受けられるのは、あごの骨が完成した18歳以上の人がよいでしょう。
     
  • 口の中を清潔に保てる方
    義歯をかぶせる土台部分と歯肉の間には隙間があるため、その隙間に歯垢がたまり、細菌に感染しやすくなります。そのため、口の中をいつも清潔に保てることも、適正条件といえます。

 以前とは異なり、あごの骨の量がかなり少ない人でも、
 治療をうけられうようになりましたが、次のような方は、
 今のところ治療を受けることができません

  ●全身的な問題

  • 一般の外科手術に耐えられない方
     
  • 重症の糖尿病、肝臓疾患、心臓疾患、血液疾患などを有する方
    人工歯根の治療後の治り具合が悪いなどの影響があるため
     
  • 頭部やあごの骨に放射線照射治療の既往歴のある方
     
  • 喫煙量の多い方
    術後の回復が悪いため、まずは禁煙など口腔衛生管理の改善を行なう必要があります。
     
  • 薬物やアルコール中毒の方
     
  • 骨粗しょう症の治療薬(ビスフォスフォネート)を服用している方

 ●局部的な問題

  • あごの骨が極端に吸収されている方
     
  • 歯周病がコントロールされていない方
    術後の回復が悪いため、まずは歯周病をコントロールする必要があります。
     
  • 相対する歯との間にスペースがとれない方
    まずはその治療を行ないます。
     
  • 歯ぎしりの強い方
    就寝時にナイトガードをはめていただくなどの治療が必要となります。

*また、骨を再生しなくてもよい場合でも、通常、約半年から1年の治療期間が必要となるため、時間的な制約のある人には不向きです。

インプラント治療は高齢者でも大丈夫?

 前述以外の人であれば、インプラント治療はほとんどの人に可能です。
骨粗しょう症と診断されている人でも、必ずしも不可能ではありません。
80歳を超える高齢者の治療も当センターでは経験があります。

ご高齢だからと、入れ歯や噛むことに苦しんでいる方は一度、相談にお越しください。

トップへ戻る

 
Copyright(C)2009 Dental Implant Saitama  All Rights Reserved.