歯科インプラント埼玉 048-543-6600
ホームへもどる お問合せはこちら リンク集
患者さまの体験談 基礎知識 治療前の不安解消 失敗しないために センター実績 アクセス
あなたが笑えばみんなが笑う
患者さまの体験談  

鴻巣の歯科インプラント埼玉には毎月多くの患者様が治療に来られます。

いろいろな思いを持って、歯科インプラント治療を受けた患者様たちの生の声をご紹介します。

患者さまの声一覧へ

インプラント基礎知識  
歯科インプラントってなあに
どうやってやるの?
どれくらいの期間がかかる
  の?
痛くない治療法ってある
  の?
インプラントを入れられない
  人っているの?
専門医ってどんな人?
どれくらいの費用が
  かかるの?
インプラントを入れた後に
  気をつけることは?
矯正治療との併用
治療費を安くする方法
患者様の素朴な疑問 
  Q&A
歯科インプラント用語

 

基礎知識
 

手術を受けた後に気をつけること           

 

 それぞれ手術などの過程で患者様にも治療をスムーズにより安全に快適に行っていただくために注意していただくことがあります。
 スタッフよりご注意いただく事をまとめたリーフレットをお渡しさせていただきますので、よくお読みになり、禁止事項は守っていただき、ご協力ください。

 インプラントの埋入手術を行った当日は下記のことを注意していただき、麻酔を利用した日は、車の運転はなるべく控えてください。

1.ガーゼは20〜30分、咬んでいてください。

2.うがいは控えましょう(血液が洗い流され、かえって出血します)。

3.当日は、入浴・飲酒・激しい運動は避けて下さい(腫れや痛みの原因になります)。

4.飲食は、麻酔が切れてからにしましょう(頬を噛んだり、火傷をします)。 

5.お痛みがあるようでしたら、あまり我慢されないで痛み止めをお飲みください。

6.出血があるようでしたら、ガーゼを咬みなおす、当てて押し付ける。を行うようにしてください。(30分以上)

手術後は数日、痛みや腫れがでる場合があります。

なるべく患部を冷やしてください。

インプラントを入れた部分が傷んでいても、歯は清潔に保ちましょう。

すべての治療が完了した後に気をつけること

 素材や治療法の進歩により、きちんと手入れをしてさえいれば、人工歯根は、10年たっても、95%以上の人が、問題なく使用できると 言われています。
 インプラントを入れられた方の中には、20年以上使っていただいている方もおられます。

 長持ちさせるには、日常生活で次の点を心がけて下さい。

 ●歯をよく磨く

 細菌感染による炎症を起こさないように、食後は歯ブラシやフロスで歯を丁寧に磨いて、歯垢をためないようにしましょう。
 
 ただし、金属製品は人工歯根を傷つけるので注意して下さい。

 ●たばこは吸わない

 たばこは歯肉の血行を悪くするので、吸わないようにしましょう。

 ●定期検診を受ける

 1年に1回は治療を受けた医師のもとでチェックしてもらいましょう。

 歯肉に炎症があると、人工歯根にも影響するので、それをチェックする意味からも定期検診は怠らないことです。

 歯が痛んだり、歯ぐきが腫れていたら、炎症がある証拠なので、早めに受診してください。

トップへ戻る

 
Copyright(C)2009 Dental Implant Saitama  All Rights Reserved.