歯科インプラント埼玉

048-543-6600
ホームへもどる お問合せはこちら リンク集
患者さまの体験談 基礎知識 治療前の不安解消 失敗しないために センター実績 アクセス
あなたが笑えばみんなが笑う
患者さまの体験談  

鴻巣の歯科インプラント埼玉には毎月多くの患者様が治療に来られます。

いろいろな思いを持って、歯科インプラント治療を受けた患者様たちの生の声をご紹介します。

患者さまの声一覧へ

インプラント基礎知識  
歯科インプラントってなあに
どうやってやるの?
どれくらいの期間がかかる
  の?
痛くない治療法ってある
  の?
インプラントを入れられない
  人っているの?
専門医ってどんな人?
どれくらいの費用が
  かかるの?
インプラントを入れた後に
  気をつけることは?
矯正治療との併用
治療費を安くする方法
患者 様の素朴な疑問 
  Q&A
歯科インプラント用語

 

インプラント基礎知識

矯正治療との併用           

 

歯列矯正とは、歯並びの治療です。
「歯を削らない」で咬み合わせを調整し、見た目の綺麗さ、審美的な改善を進めていく治療です。

当然のことなのですが、歯並びが悪いことによって
生じる様々な病気(虫歯や歯周病)の予防にもなるのです。

矯正の治療が行えない年齢はありません。
実際、30代、40代、50代の患者さんが多数来院されています。

歯並びが改善され、気持ちまでリフレッシュされる患者様が多いです。
何より、表情が非常に明るくなります。

ここでは、インプラントとの併用についてお伝えいたしますが、
当センターと併設している埼玉矯正歯科センターでは、
歯列矯正のみも行なっています。

詳しくは、こちらをご覧ください。<埼玉矯正歯科センター

矯正を併用した例
  
矯正との併用する場合は、主に二つの場合があります。

1つは、奥歯を失ったせいで、前歯などの歯並びがおかしくなり、奥歯へインプラントを埋入するのと合わせて、矯正を行なうことにより、咬み合わせを調整し、歯並びの改善する場合です。

       

術前
下の前歯の位置が悪く、上の前歯が、咬み込んでしまっています。

術後
歯の無い部分にはインプラントを使用させていただきました。
ブリッジなどは行なっていないため、無駄に歯を削らなくて済みました。

2つめは、矯正治療の補助として用いた例です。
歯を移動させる矯正では、歯の状態によって移動させる位置が難しい場合があります。変に動かすと、不要な歯を移動させてしまう事にもなりかねないので、慎重さがより必要となります。

難易度の高い場合には、ミニインプラントという小さなチタン合金のピンをお口の中にうち、ミニインプラントから歯を引っぱることで、短期間に効率よく歯を動かす方法がおこなわれています。

トップへ戻る

 
Copyright(C)2009 Dental Implant Saitama  All Rights Reserved.