TI
鴻巣の歯科インプラント埼玉 048-543-6600
ホームへもどる お問合せはこちら リンク集
患者さまの体験談 基礎知識 治療前の不安解消 失敗しないために センター実績 アクセス
あなたが笑えばみんなが笑う
患者さまの体験談  

鴻巣の歯科インプラント埼玉には毎月多くの患者様が治療に来られます。

いろいろな思いを持って、歯科インプラント治療を受けた患者様たちの生の声をご紹介します。

患者さまの声一覧へ

インプラント基礎知識  
歯科インプラントってなあに
どうやってやるの?
どれくらいの期間がかかる
  の?
痛くない治療法ってある
  の?
インプラントを入れられない
 人っているの?
専門医ってどんな人?
どれくらいの費用が
  かかるの?
インプラントを入れた後に
  気をつけることは?
矯正治療との併用
治療費を安くする方法
患者様の素朴な疑問 
  Q&A
歯科インプラント用語

インプラント基礎知識

 

歯科インプラントの種類    

 
 

現在日本で使われているインプラント(インプラント体)は国内外10数社のメーカーのものを手術を行う歯科医師によって選び、使われています。

各社のインプラント体を使用するためには、その会社独自で行っている研修を受け、認定を得なければなりません。

歯科インプラント埼玉では、患者様の状態を見て、少しでも長い間きちんと噛めるために5年、10年先を見据えてインプラント体を選んでいます。

<実際患者様に入れるインプラント体を選ぶポイント>

  1. どの場所に入れるのか
  2. 骨の状態(幅・高さ)はどうか
  3. 粘膜(歯ぐき)の状態はどうか
  4. 1回法・2回法どちらで手術をおこなうか

当院で使用しているインプラント体は主に下記の3つです。

EBi インプラント

 

毎年、韓国で行われるセミナーへ加藤院長が参加している会社は、今後のインプラント治療の主流となるプラットフォームスイッチングという考えで作られており、インプラントを入れた後の口の負担も軽減されます。

ITI

 

日本で一番よく使われているインプラント体。ITIのナローネック(NNR)3.3は前歯の治療用として、骨の幅が狭くても入れることができ、埋入後に骨が下がることが少ないため、歯科インプラント埼玉では主に使っています。

マイティスアロー

 

 ブレーンベースは国内メーカーで日本人の顎骨形態に合わせた設計をしています。

トップへ戻るもどる

 
Copyright(C)2009 Dental Implant Saitama  All Rights Reserved.