歯科インプラント埼玉

048-543-6600
ホームへもどる お問合せはこちら リンク集
患者さまの体験談 基礎知識 治療前の不安解消 失敗しないために センター実績 アクセス
あなたが笑えばみんなが笑う
患者さまの体験談  

鴻巣の歯科インプラント埼玉には毎月多くの患者様が治療に来られます。

いろいろな思いを持って、歯科インプラント治療を受けた患者様たちの生の声をご紹介します。

患者さまの声一覧へ

インプラント基礎知識  
歯科インプラントってなあに
どうやってやるの?
どれくらいの期間がかか る
  の?
痛くない治療法ってある
  の?
インプラントを入れられな い
  人っているの?
専門医ってどんな人?
どれくらいの費用が
  かかるの?
インプラントを入れた後に
  気をつけることは?
矯正治療との併用
治療費を安くする方法
患者 様の素朴な疑問 
  Q&A
歯科インプラント用語

 

治療を行なった患者様の体験談        

S.K.様 70代 女性                   平成22年12月24日

 
以前から様々な歯の治療をする中でインプラント治療があるということを知りました。
もう入れ歯しかないという所まできてしまい、インプラントのことが浮んできました。
周囲に余りインプラントをしている人が無く、不安な気持のまま、診察をしていただきました。
治療計画等を丁寧に説明していただく内に段々恐さと不安も無くなり、治療が始まりました。
何も無かった所に歯がどんどん出来ていくうれしさで最初に感じていいた不安は消えていきました。歯間ブラシの使い方がむずかしいのでしっかり練習して歯周病にならないようにがんばります。今度ともどうぞよろしくお願いいたします。
 


何回かに分けて、インプラントをさせていただきました。
初めはいろいろとご不安もあったようですが、だんだん歯が入ってゆくにつれ、ご不安も無くなっていかれました。治療に対してとても熱心です。おかげさまで、入れ歯を回避することが出来ました。
今後はこの良い状態を維持されるように、お手伝いして行きます。

E.S.様 50代 女性               平成23年2月1日

 
 いろいろお世話になりました。
歯の治療を始めると人の歯もとても気になり、白い歯の”美しさ”と”感じの良さ”をあらためて実感しました。
私も話している時に見える金属のかぶせ物がとても気になってコンプレックスになっていました。
今回、思い切ってインプラント治療を決断し、本当によかったと思っています。できれば、もっと若い時代にやりたかったと・・・。
でも、年をとっても歯のきれいな人は、清潔感がありますよね。
私もそんな年寄りになれる様に歯を大切にしなければと思います。
ありがとうございました。


左上の奥歯の根が折れてしまい、歯をお抜きすることになってしまいました。
Sさんはもう歯をお抜きする前に、この部分の治療に、インプラントをされることを決断されていました。
インプラントを植え込むのに、その場所の骨がしっかりしていることが大切です。
抜歯のとき、骨を慎重に温存するように心がけました。また、歯茎の治りを促すようにコラーゲンなども使用させていただきました。Sさんは、抜歯のときからインプラント治療が予定できていたため、理想的な治療ができました。
現在はセラミックの冠を入れさせていただき、ご自分の歯と見分けがつきません。自然な仕上がりです。ブリッジなどと違い、自分の健康な歯を削らないですみました。ご本人も非常に満足されています。  

S.O.様 40代 男性               平成24年2月8日

 

 インプラントについて
名前だけは知っていたが、詳しい説明を受けるにつれ、一抹の不安を感じた。

一つ目の不安。簡単な治療ではなさそう。
インプラント治療とは、簡単に言えば、歯の土木工事。
成行きで、先生のところに来たが、本当にここで治療を受けてよいものか?

二つ目の不安。耐久性。
先に土木工事と称したが、基礎工事は自身の骨であるため、保つ事が可能なのか?

三つ目の不安。経済性。
保険適用外とのことで、コストの高さが不安材料に拍車をかける。
先生の説明で、トータルでブリッジ治療よりも経済的と言われ、ブリッジ治療の説明を確認し、確かにインプラントの方が一理あるように思われた。

インプラントを選んだ理由
インプラントを選んだ友人達に聞いたところ、コスト以外、誰もクレームをつける者がいなかった。逆に薦められた。
入れ歯の経験はないけれど、口の中のトラブル程辛いものはないと思う。また、妻に相談したところ、義父は最近、総インプラントにしたと教えられた。(治療費は、一体いくらになったことやら。)それ位、ポピュラーなものなのかと、実感。
歯の健康は虫歯くらいでは、見向きもしなかった人生を歩んでいた。しかし、歯がなくなるという危機に接し、入れ歯ではなく、インプラントという選択肢があったことを感謝しようと思った。


左下の前歯にインプラントを1本入れさせていただきました。
もう5年目になります。
下の前歯は歯が小さいので、治療が難しい場合が多いのです。
骨の欠損(不足)もありましたがGBR法なども併用して、何とかインプラントを埋入しました。
インプラントでなければブリッジとなり、両隣の歯を削り、神経まで取っていたと思われます。
インプラントのおかげで、2本のきれいな歯を削らないで済みました。
   


もっと患者様の声あります

 
Copyright(C)2009 Dental Implant Saitama  All Rights Reserved.