歯科インプラント埼玉

048-543-6600
ホームへもどる お問合せはこちら リンク集
患者さまの体験談 基礎知識 治療前の不安解消 失敗しないために センター実績 アクセス
あなたが笑えばみんなが笑う
患者さまの体験談  

鴻巣の歯科インプラント埼玉には毎月多くの患者様が治療に来られます。

いろいろな思いを持って、歯科インプラント治療を受けた患者様たちの生の声をご紹介します。

患者さまの声一覧へ

インプラント基礎知識  
歯科インプラントってなあに
どうやってやるの?
どれくらいの期間がかか る
  の?
痛くない治療法ってある
  の?
インプラントを入れられな い
  人っているの?
専門医ってどんな人?
どれくらいの費用が
  かかるの?
インプラントを入れた後に
  気をつけることは?
矯正治療との併用
治療費を安くする方法
患者 様の素朴な疑問 
  Q&A
歯科インプラント用語

 

治療を行なった患者様の体験談        

T.K.様 50代 女性                平成24年2月8日

 

インプラント治療というものを知ったのは、友人から聞いた。都内のある医院で治療を受け、口の中でトラブルがあったという人の話でした。大変な治療なのだというイメージを持っていたのですが、次第に明るい情報も入るようになりました。そして、ついに、自分の歯がSOSとなり、加藤先生にお任せする事になりました。治療の内容や流れなどを、紙面や口頭で詳しく説明して頂くうちに、前向きな気持ちが増し、安心して治療を受けられました。親身になって、ケアもして頂きました。

インプラント治療をして頂き、本当に良かったと思います。上の入れ歯を、下のインプラントが今まで消極的だった口を開く笑顔も、満面の笑みに変わりました。

先生や医院の皆様には心から感謝しております。生き方さえ、今までよりずっと前向きになっている自分に気付く今日この頃です。沢山の人に、この思いを味わっていただきたいものだと思います。


2008年に初診でこの医院を受診されていました。
最初におみえになったときは、下の前歯のところに大きなのう胞(膿みの袋)が発見されました。前歯すべての根の治療をおこない、仮歯の状態にまでしたところで、大学病院を紹介。大学で膿みの袋を取る手術をしていただきまたした。
その後、術後の状態も順調でした。
左右の奥歯にインプラント治療を希望されたので、順番にインプラントを埋入させていただきました。
入れ歯にならなくて良かったと、喜んでいらっしゃいます。
下の前歯の膿みの袋を取った部分も、経過を観察していますが、再発もなくまったく順調です。
入れ歯を選択していたら、今頃は総義歯になっていたかもしれません。

米山勝様 50代 男性              平成24年2月8日

 

 インプラント治療を受けて

子供の頃から歯が弱くて、歯医者さん通いの日々で、当時歯医者さんは痛いもの、怖いものというのが通念でした。

会社勤めが始まり忙しさにかまけ通院がますます後手後手となり、50代半ばでついに奥歯は全滅、当時お世話になっていた先生から、『次回ダメになったらもう入れ歯ですね』と言われ、とてもショックを受けました。

それから、インプラントという治療方法がある、というのをおぼろげながら聞きかじっていたため、インターネットで調べました。結果市内に専門の先生がいらっしゃることがわかりました。その先生が加藤先生です。

お話を伺った印象と、小冊子に書かれていた『名医でなく良医を目指す』と言う考えに共感し、インプラント治療をしていただくことに決めました。

凡そ5年前に右奥歯3本、翌年左奥歯2本、都合5本治療頂き、長年に亘った歯に関する些細なトラブル、心配もなく自分の歯でしっかりと何でも食べられるようになり、歯の健康が、結心身の健康に繋がり、充実した毎日を過ごしています。

このようにしていただいた加藤先生に感謝申しあげると共に、今後もお世話頂きますよう願っています。


一昨年になりますが、左下にインプラントを3本、右下には2本入れさせていただきました。
普通なら入れ歯でした。 今では、ご自身の歯のように噛めると喜んでいてくださいます。
ハブラシなども一生懸命に行っていてくれて、何時もきれいなお口を定期健診のたびに見せてくださいます。  

 


 
Copyright(C)2009 Dental Implant Saitama  All Rights Reserved.